トイプードルのドッグフードにおすすめな食付きの良い無添加の餌です

ユーカヌバでお腹の調子改善

ユーカヌバでお腹の調子改善

うちの犬はすぐにお腹を壊してしまいます。下痢をよくするので心配です。

 

動物病院で診てもらったところ、体に問題はなくて安心できたのですが、普段与えているドッグフードが原因かもしれないといわれました。

 

そこで、お腹に優しいドッグフードがないか調べてみたところ、ユーカヌバをいうドッグフードを見つけました。

 

「ユーカヌバお腹すこやかに」には、食物繊維とフラクトオリゴ糖が配合されています。

 

食物繊維は人間や犬が持つ酵素では分解できない成分で、便のもととなります。水分を吸って便を膨張させて便の形を作ったり、腸を刺激して働きを活発にします。

 

フラクトオリゴ糖とは果糖がつながった糖類のことです。フルクトース(果糖)という単糖類がつながっているのでフラクトオリゴ糖といいます。

 

フラクトオリゴ糖には消化されにくい性質があり、消化されずに大腸にまで届きます。大腸に届いたフラクトオリゴ糖は、腸内の善玉菌のエサになり善玉菌を元気にします。

 

善玉菌が乳酸や酢酸などを作り出すことで腸内が酸性になり、腸内環境が整って悪玉菌が棲みにくい環境になります。

 

それだけでなく、ユーカヌバには消化しやすい米と高品質なチキンが使用されています。

 

 


トイプードルにおすすめなドッグフード

 

 

 

食べたものは酵素によって分解されるのですが、犬の祖先は肉食動物なので穀物を消化する酵素をあまり持っておらず、うまく消化することができません。

 

きちんと消化できないとお腹の調子を壊す原因になります。トウモロコシや小麦などが配合されていることが原因で、消化不良や下痢を起こすことがあるそうです。

 

ユーカヌバは消化されやすい米なので、穀物を配合していてもきちんと消化されるだろうと思って安心して与えています。

 

タンパク質は消化されやすい動物性タンパク質を配合しています。動物性タンパク質と植物性タンパク質がありますが、犬にとっては動物性タンパク質の方が消化しやすいです。

 

今まで与えていたドッグフードからユーカヌバに変えて食べてくれるか心配だったので、今まで与えていたものに少しずつユーカヌバを混ぜてみました。食べるかどうか心配でしたが、残さずに食べてくれて一安心です。

 

ユーカヌバはガリガリしているのでゆっくりと食べています。急いで食べることがお腹を壊す原因になっていたかもしれないので、ゆっくり食べられることもよいと思います。

 

今までのドッグフードと混ぜていたときは、まだお腹の調子が悪かったのですが、すべて切り替えてしばらくすると下痢が治まってきました。べちょべちょのウンチがコロコロとした形になりよい状態です。

 

 


トイプードルにおすすめなドッグフード


ホーム RSS購読 サイトマップ