トイプードルのドッグフードにおすすめな食付きの良い無添加の餌です

トイプードルの小食に悩む! こんなとき、ブリーダーが選ぶドッグフードの特徴とは?

うちのトイプードル、最近あまりごはんを食べない……! ブリーダーが教えるドッグフード選びのコツ

ブリーダーの元からやってきた愛犬との生活には、さまざまな「喜び」と共に「悩み」も付き物です。

 

可愛らしいワンちゃんは、もちろん家族の一員!

 

しかし人間の言葉を操り、自身の気持ちを表現してくれるわけではありません。

 

飼い主さんがワンちゃんの気持ちを察し、あれこれと工夫して快適に生活できるよう、配慮してあげることが重要なのです。

 

人気の小型犬、トイプードルの飼い主さんの中には、「最近あまりドッグフードを食べてくれない……」なんて悩みを持つ方も多いものです。

 

こんなときには、ブリーダーが選ぶドッグフードの特徴を知ることで、問題を解決できるケースも多いはずです。

 

もともと、トイプードルの中には偏食気味で食にうるさいタイプのワンちゃんも多数存在しています。

 

ブリーダーの目線で言えば、これはトイプードルが優れた頭脳を持っているからこその特性でもあります。

 

健康面で他に不安な点がなければ、その個性を受け入れることも重要でしょう。

 

受け入れ、認めてあげた上で、ブリーダーの意見も参考にしつつ、「うちの子」にピッタリのドッグフードを探してみてください。

 

ブリーダーだからこそわかる、小食トイプードルにピッタリのドッグフードとは?

 

ブリーダーの元に寄せられる声を聞いてみると、トイプードルの小食で悩む飼い主さんは、決して少なくありません。

 

こんなときには、トイプードルが思わず食べたくなるような「食いつきの良いドッグフードを選ぶ」のがオススメです。

 

グルメなトイプードルの食欲を刺激するのは、ズバリ「匂い」です。

 

ブリーダーがおすすめする数多くのドッグフードの中には、こんな「匂い」にこだわりを持つ商品も多数あります。

 

たとえば「アランズナチュラルドッグフード」は、野生の犬の食事を再現することを目的に製造されたドッグフードです。

 

人間も食べられるほどの高品質ラム肉を最大で55%も使用しており、犬の食欲を刺激する「匂い」が豊かです。

 

1袋2キロ入りで税抜き3,960円からと、少々高めなのがデメリットですが、おすすめするブリーダーも多く、一度試してみる価値はあるかもしれませんね。

 

そのドッグフード、実はトイプードルには食べにくいかも? ブリーダーがチェックするポイント

 

トイプードルの魅力といえば、その小柄さ!

 

こんな飼い主さんの声が、ブリーダーの元へも数多く届きます。

 

しかし一方で、頭部やあごが小さいために、ドッグフードが咀嚼しづらく、食欲低下につながってしまうというリスクもあるのです。

 

「最近、あまりドッグフードを食べてくれないな」と感じたら、まずはブリーダーのようにトイプードルの食事風景を観察してみてください。

 

食べづらそうにしていたら、それはドッグフードがワンちゃんに合っていない証拠です。

 

ブリーダーがオススメする、無理なく噛める小粒タイプにすると安心ですね

 

小さい口でも無理なく入れられますし、事前にふやかす等しなくても、喜んで食べてくれるのではないでしょうか。

 

またドッグフードの形状によっても、食べやすさには違いが出るもの。

 

「うちのトイプードルにピッタリの形を」という目線で選んでみてください。

 

トイプードルとドッグフード。ブリーダーの意見を求めるのも

 

ブリーダーの元からやってきたトイプードルがなかなかドッグフードを食べてくれなかったら……心配になる飼い主さんも多いことでしょう。

 

実際に、トイプードルの中には、「どれだけ頑張っても食が細い」というタイプの子も存在するのです。

 

こんなときには、ドッグフードを試行錯誤しながら、獣医やブリーダーの意見を求めるのもオススメの方法です。

 

獣医やブリーダーなど、トイプードルと深く関わる方の意見を聞くことで、安心できることもあるでしょう。

 

ドッグフードを選ぶコツにも、耳を傾けてみてはいかがでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ