トイプードルのドッグフードの選び方

トイプードルのドッグフードの選び方

トイフ?ート?ルに適したト?ック?フート?選ひ?て?必す?チェックしておくこと

 

 

トイプードル ドッグフード

 

最近自慢のトイプードルが太ってきたと思ったらすぐに対応しなければなりません。肥満は多くの病気を誘発する要因になりうるからです。

 

特にトイプードルは糖尿病に遺伝的になりやすいですし、また関節を痛めるリスクも高い犬種です。

 

愛犬の体重コントロール徹底するために、ドッグフード選びに必ずチェックしておくべきことをご紹介します。

 

トイプードルのドッグフード選びの体形チェック

 

トイプードルの平均的な体高は25?28cmです。体重はこの体高で3kg前後です。体高が28cm以上だとミニチュアトイプードル、25cm以下だとティーカッププードルと呼ばれています。

 

しかしこれはあくまでも平均であって実際は個体差があります。愛犬が太っているかどうかのチェックにはボディ・コンディション・スコア(BCS)がおすすめです。

 

理想的な体形はBCS3で「過剰な脂肪の沈着なしに、肋骨が触れる。上から見て肋骨の後ろのくびれが見られる。

 

横から見て腹部の吊り上がりが見られる」という状態です。まずは愛犬がどの状態が確認してみましょう。

 

トイプードルのドッグフードはグレインフリーのドッグフードを選ぶ

 

トイプードルのドッグフードにはグレインフリータイプのフードを選びましょう。

 

グレインフリーとは穀物を一切使用していないことを表します。穀物は本来肉食である犬にとってあまり適していない食べ物ですから、できれば穀物が入っていないフードを選んだ方が愛犬のためになるのです。

 

グレインフリーのドッグフードは高たんぱく・低脂肪のものが多いので摂取カロリーを抑えることができます。

 

穀物の摂取は食後の血糖値を上げやすいのでグレインフリーのドッグフードを選べば急激な血糖値の上昇を抑えることができます。

 

少ない給与量で腹持ちが良いので愛犬の体重コントロールを容易にすることができるのでおすすめです。

 

トイプードルのドッグフードは厳選された素材のものを選ぶ

 

最近のドッグフードの主流派ヒューマングレードです。ヒューマングレードとは人間が食しても大丈夫なくらい安心・安全な素材ということです。

 

毎日の食事によって愛犬の健康や寿命が決まってきますから、粗悪品を原材料として作られたドッグフードではなく、徹底した品質管理の下で作られた人間が食べても大丈夫なくらいの高品質なドッグフードを選んであげてください。

 

ドッグフードを購入する時は必ずパッケージに記載されている原材料をチェックしてできるだけ自然由来の成分が使用されているものを選ぶようにしましょう。

 

「○○ミート」や「肉類」など何が原材料かわからないようなものが明記してあるものは避けるようにしてください。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ